スーツ

コストが抑えられる

賃貸事務所を借りる時の注意点

パソコン

賃貸事務所はレンタルオフィスとは違って、契約するまでや契約してから仕事を始めるまでの間に時間もコストもかかります。レンタルオフィスならあらかじめ必要なオフィス家具やネット回線などがついてきますが、賃貸事務所はまったく空の状態で借りることになります。そのため、借りてから作業をするのに必要なオフィス家具を自分達で調達する必要があります。また、ネット回線がない場合は工事をしてネット回線を引く作業も必要です。家賃もレンタルオフィスより高いのが普通です。 レンタルオフィスのように気軽に契約して仕事ができないのが賃貸事務所のデメリットですが、それでも長く利用する場合はレンタルオフィスよりもずっとコストが抑えられます。

賢いビジネスのしかた

今は個人で起業をして在宅でビジネスをする人が増えています。SOHOをしている人や若手企業家がお金をかけずに信頼できる住所が持つ方法として普及しているのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスとは「貸し住所」のことで、アドレスのみを借りる事を言います。自宅で仕事をしながら、東京都の一等地にある住所を自分の会社のアドレスとして名刺やネットなどに表記できます。その住所に届いた郵便物は自宅まで転送してくれます。 バーチャルオフィスから始めて、自宅が手狭になったらレンタルオフィスを借り、そして事業が軌道に乗ったら賃貸事務所を借りるという感じで、事業拡大に合わせて徐々にステップアップしていくのが理想的な展開です。

このエントリーをはてなブックマークに追加